アスミールは中学生にも効果的?

MENU

アスミールは中学生にも効果的?

成長期と成長ホルモン

 

 

中学生になると一気に身長が伸びたりする子供がいます。急激な骨の成長によって関節が痛むいわゆる成長痛と呼ばれる現象を経験する人もいます。この時、体ではなにが起こっているのでしょうか。

 

子供の成長には成長ホルモンの分泌が欠かせません。成長痛が生じている時などは、概して成長ホルモンの分泌が盛んに行われるおり、体はすくすくと大きく成長して行くのです。逆に言えば、どんなにたくさんの栄養素を取り入れていたとしても、成長ホルモンの分泌がなければ、体の成長は妨げられてしまいます。

 

子供の成長に関する親御さんの悩みは様々です。小学校高学年から中学生となりますと、多くのお子さんがクラブ活動に打ち込みます。子供がスポーツをしていると、体作りに必要な栄養素は足りているだろうか、同級生と比べてうちの子は体つきが小さいのではないか、スポーツを頑張っているので食生活で何かサポートしてあげたい、といった悩みです。

 

成長ホルモンの分泌を助け、お子さんの成長をサポートする飲み物があります。

 

アスミールに含まれている栄養素

成長ホルモンの分泌を助け、親の皆さんの不安な思いを解消するために、「アスミール」という子供の成長期応援飲料があります。アスミールは粉末状の商品で、シェイカーなどで牛乳と混ぜて飲みます。

 

アスミールにはどんな成分が含まれているのでしょうか。アスミールには子供の成長サポート飲料として、亜鉛とアルギニンとプラセンタという3つの成分がバランス良く配合されています。亜鉛は成長ホルモンの素となるたんぱく質の合成を助け、アルギニンは成長ホルモンの分泌を助け、スポーツなど活発な運動をがんばる力を起こさせます。

 

てプラセンタとは種子を作り出す胎座から抽出したエキスのことです。その成分には種子を生み出すためのエネルギーが集約されており、アミノ酸やビタミン、ミネラルがたくさん含まれています。特にアミノ酸は体をつくる土台となる成分です。

 

これら3つの主成分が体の成長をサポートするのです。その他にも子供の成長に必要な、カルシウム、ビタミンD、鉄分、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB6が1日に必要なだけ含まれています。

 

カルシウムとビタミンD

 

 

カルシウムはご存知の通り強い骨の健康維持のために不可欠な栄養素の1つです。

 

しかし、カルシウムはただ取り入れるだけでは体に吸収されずに体外に排出されてしまうことがあります。いったいどういうことでしょうか。子供が好んで食べるインスタント食品やスナック菓子、た冷凍食品にはリン酸が含まれていることがあります。

 

リン酸はカルシウムと結合し、体内でリン酸カルシウムが作られます。リン酸カルシウムは腸内に吸収されずに体外に排出されてしまうのです。せっかくカルシウムを摂取しても、リン酸とくっついて体外に出てしまうのは残念です。

 

カルシウムを体に吸収させるためにはたくさんのマグネシウムの助けが必要です。アスミールにはマグネシウムを含む3つのカルシウムが含まれており、体への吸収を促します。

 

まず1つ目として、ドロマイトと呼ばれる希少価値の高い天然由来のカルシウムには、マグネシウムが含まれています。

 

2つ目に、魚骨焼成のカルシウムは魚のタラなどの骨を洗浄して焼成した、天然の魚由来のカルシウムです。

 

3つ目にカルシウムの一種として、胡麻ミネラルも含まれています。これは特殊製法で栄養吸収阻害物質を除去したミネラルのことです。

 

これら3種類のカルシウムが相互に作用することによって体に吸収されやすくなります。3つのカルシウムは、アスミールに多く含まれているビタミンDととても相性がよく相互作用で骨の成長を助けます。骨の健康維持に、カルシウムが大切ということはよく知られていますが、実はビタミンDもとても大切な役割を果たします。

 

カルシウムの吸収を助け、強い骨を作るためにはビタミンDも積極的に摂取する必要があります。ビタミンDが豊富に含まれている食品はそんなに多いわけではありません。魚介類、卵、きのこ類といった食品だけで、十分な量を取り入れるのは難しいでしょう。

 

ビタミンDはカルシウムの運搬係として働きます。ビタミンDは成長期のお子さんに欠かせない成分です。アスミールなら、食品で摂取しにくいビタミンDを取り入れることができます。

 

さらに、DHAも含まれています。魚介類に多く含まれているDHAは、学習能力や記憶力の向上を助ける働きがあります。体の成長だけでなく、勉強面でも子供たちをサポートする効果があるのはとても嬉しいことです。

 

アスミールは中学生にも効果的?

個人差はありますが、中学生は第2次成長期にあたり、成長ホルモンの分泌が盛んに行われる時期です。声変わりなど、男女共に体のつくりに大きな変化が現れます。

男の子の場合は特に、小学生時よりも成長ホルモンが多く分泌される場合が少なくありません。ですから、小学生の時にアスミールを飲んである程度の効果しか得られなかったとしても、飲み続けていると中学生になってから効果を実感しやすくなったということは十分にありえます。